SUMMER SONIC '02 TOKYO


CHIBA MARINE STADIUM & MAKUHARI MESSE

2002年8月17日(土) Open 9:00/Start 10:30




行ってまいりました、サマソニ!
お盆休み真っ只中、当初、私の予定としては15日〜17日まで横浜でくつろぎ、
(友達の友達の家・・・初対面の方・・・の家に転がりこんでました)
18日、ウチ(京都)に戻ってから大阪に参戦しよう・・・と、思っていたわけでございます。
お目当ては、今回の大トリGUNS N' ROSES!
しかし、18日に参戦して終電逃したら(会場はウチから3時間くらいの所にある)
休み明け遅刻はマズイでしょう。
ってな訳で、急遽、17日サマソニin東京に参戦することに致しました。
そう、会場は東京だと思ってました。
まずはチケットを前日にゲット。続いては場所!と、
・・・ん?千葉マリンスタジアム&幕張メッセ・・・おや?東京じゃぁない?
ちょっとビックリ。っていうか、何処だかサッパリ分からない(笑)
JR時刻表片手に横浜からの行き方&終電チェック。

当日、横浜を午前8時に出発、海浜幕張駅に10時過ぎに着。
途中、東京ディズニーランドを初めて車窓からではありますが目にしました。
電車の中は、皆さんガンズ話に、あちこち華が咲いておりました。
私はといえば、93年の東京ドーム以来、9年振りとなる彼らのライヴに、
やっぱりドキドキしていたのでございます。

スタジアム&メッセ周辺は、思い思いのTシャツを着た方が歩いてらっしゃるのですが、
さすがにガンズが多い!それを見るだけでも嬉しくなってしまう私が居ました。

今回のサマソニは会場が3つ
OUTDOOR STAGE
INDOOR STAGE
FACTORY STAGE
に分かれていました。OUTDOORは海外アーティストメインでした。

で、私がまず向かったのはINDOOR STAGE。
時刻は11時、THE SKYLARKS というバンドが演奏をしておりました。
中々に曲も良くて、ボーカルの声も聴きやすい良い感じだったのですが、
オーディエンスの入りは1/3程で、可愛そうなくらいノリが悪かったです。

タイムテーブルを見ると、12:40より HOOBASTANK 。
あまり彼らの曲は聴いたことがないのですが、興味があったのでOUTDOOR STAGEへ。
と、客の入りが悪い。
スタジアムは1/20埋まってるかどうか・・・
アリーナは前後(間には通路)に区切られていたのですが、
前方はまぁまぁの客の入り(ステージ近くはさすが人口密度かなり凄そうでした)、
後方は・・・がら空き。
で、私が陣取った場所は後方アリーナの最前列。
鉄策にもたれかかれる&スクリーンが目の前ってのが、とってもGOOD!
HOOBASTANK うまかったです。所々、日本語取り混ぜながらお客さんを乗せてくれましたし、
(ステージから写真撮ったり、彼らもかなりリラックスムードでした)
客席では曲が始まるごとにペットボトルの水が巻き上げられ、
シンクロの如く足上げてる人も(笑)。後方から見ていて面白い光景でした。

続いては 13:45 より、ANDREW W.K.
パーティ野郎の登場です。
お客さんも続々とアリーナに集結します。(相変わらず後方は空いてましたが・・・)
彼らの曲も1曲聴いたことがあるだけだったのですが、
いやぁ〜凄かった。ボーカルがとってもパワフル。やたら両腕をブンブンと空手の如く
前に突き出したり、走り回ったり、根っからのパーティ好きなのでしょうか。
オーディエンスをガンガンにノセてくれるのがまた楽しい。
途中、アリーナの前列に居た男の子をステージに上げて、肩車という行動にでたのですが、
それがまた良くって、その子がボーカルの上で手拍子を促してくれるんですよね!
オーディエンスが皆それに合わせるという光景まであったりして、なかなか良い感じでした。
SHOWが終わった後も、ボーカルは客席に行ったり、かなり笑えるステップを披露してくれたり、
かなり笑わせてくれました。

14:55 登場してくれたのは THE HIVES という全員、黒シャツ&白ネクタイのバンド。
彼らはよっぽどバンド名を覚えて欲しかったのでしょうか、
やたら"THE HIVES! T.H.E. H.I.V.E.S. THE HIVES!!!" を連発しておりました。
・・・どんな曲だったか忘れてしまいました(爆)

そして16:05、モンゴル800 の登場です。
沖縄からやって来たという彼ら(いや、私・・・知らなかったんです。)
ボーカルがとても、ほんわかとした良い雰囲気を醸し出しておりました。
にも関わらず、曲はものすごくスピード感があって、気持ち良かったです。
ちなみに、この頃になると前方オーディエンスの頭上高く舞い上げられていた
ペットボトルは水のみならず、お茶やらオレンジ色のやら(なっちゃん?)
なんでもあり状態になっておりました。

続いては 17:20、WEEZER
この頃になると前方アリーナは今までに無く、お客さんでいっぱい。
後方もまぁまぁ、人が入ってきたという感じでした。
ボーカルはスーツで現われました。曲調は至ってポップなのですが、
オーディエンスのノリも結構あって、楽しませていただきました。
曲はホント知らないんですよ・・・。

以上、彼らのステージは全て各30〜40分。


next : いよいよ登場です。

back to top