Paul Gilbert Picture Paul Gilbert / ポール・ギルバート
多彩な才能とセンスをもったギタリスト。

根っからの音楽好きらしくアルバムを聴けば、そのバラエティに富んだ曲の数々に圧倒される。

世界一正確な高速プレイをすることでも知られている。

時に音楽ジャンルを超えて様々な要素の絡み合った音を奏で、時に気持ちいいまでの直球ロケンロールを私達にお見舞いしてくれる。




1966年11月6日、イリノイ州カーボンデイル生まれ。

3歳の時にペンシルヴァニア州ピッツバーグに移り住む。

両親の影響でビートルズやジミ・ヘンドリクスに小さい頃から親しみ、次第にHR/HMに興味を抱くようになる。

17歳でLAにあるGITに入学、翌年には講師を務め、1986年に19歳で超絶テクニックバンド

"RACER X"を結成。2枚のアルバムとライヴ盤を発表するも短命に終わってしまう。


1988年、ビリー・シーンからの誘いを受けMr.BIGに加入。

実力派集団である4人はご存知、Eric Martin(vo),Billy Sheehan(b),Pat Torpey(ds)そしてPaul Gilbert(g)。

彼らの繰り広げる音楽はテクニカル&メロディアス&ソウルフルで多くの人の心を虜にする。

しかし、"Hey Man"のツアー終了後あたりでバンドは長期活動休止宣言。


1997年に初ソロアルバム"King of Clubs"を発表。翌年には初ソロ来日公演を果す。

精力的にソロ活動を行う中、1999年Mr.BIGを脱退。

同年12月、13年振りのRACER X 復活アルバム"TECHNICAL DIFICULTIES"が野に放たれる。

2000年10月には3度目のソロ来日公演"ALLIGATOR FARM TOUR 2000"を果し、

その圧倒的なプレイは私達に更なる感動を与えてくれた。

2001年5月、RACER X のライブが Wiskey A Go Go で行われた。翌年1月には Japan Tour 。

その圧倒的なテクニックと存在感は、オーディエンスを多いに魅了してくれた。





back to top